sax player 蛇池雅人

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月予定など

3月も終わろうとしてますね。でもまだまだ寒い日が続くので油断禁物です。年明けから風邪に悩まされたなぁ。

スケジュール更新しております。4~5月分です。

4月はSHIFTのアルバム発売記念ツアー第一弾があります。苫小牧・岩見沢・函館・小樽・札幌の五箇所です。今から楽しみです。

その他久しぶりのお店、初めてのお店、初組合わせなどなど(本当は色々紹介したいんだけど)
楽しくなりそうです。

4月末から、小樽倉庫NO1のレギュラーバンド[Palosiks]に参加です。
編成もジャンルも、今までに無いタイプなので、とても取り組み甲斐あります。
今度は3管編成バンドです。
これはまた告知しますね。


そうそう昨年末にレコーディング参加させて頂きました、朗読と音楽のコラボレーションCDシリーズ「おはなしの森」、限定先行販売中でございます。
子供向けの朗読の作品なのですが、大人が聞いてもきっと楽しめるものだと思います。そしてその作品から何か感じてもらえたら。
そういえば小さい頃は昔話とか良く聞いたっけ。あの世のお祖母ちゃん元気かなぁ。
CDは道内「びっくりドンキー」数店舗にてお求め頂けます。レジカウンターでお見かけの際は一枚是非!



インフォを一つ。
ADAM PROJECTの次回ライブです。

●ADAM PROJECT 3nd GIG
くう(札幌市中央区南1条西20丁目 LOGビルB1TEL:011-616-7713)

OPEN/19:00 START/20:00~LAST
前売/¥2,000 当日/¥2,500(Drink別)

チケットに関するお問い合わせ:
禅株式会社
011-590-1802/info@zen-na.com

まだお聞きでない方は是非ー
スポンサーサイト

セッション行った

20080325034121


先日に引き続きセッションに参加してきました。
とても楽しかった!

昔はセッションとても好きだったのですが、最近はご無沙汰だったので、今年は積極的に行こうと決めました。
息の合うメンバーと音楽を作りこむ作業は勿論好きだし、その中で自分の音楽を表現していくことに変わりはないんだけど、
どんなレベルの人とも、どんなハプニングがあろうとも、一緒に音楽を楽しんでいるその空気を大切に出来る演奏家になれたらな。
ブランフォードマルサリスなんて、どんな人と演っても良いプレイするって言うしね。そんな風になれたらなぁ。

先月末?NYから来た山田タクジくんが言ってた「向こうでのセッションではたまに大物が来たり普通にあるんですよ。ロイハーグローブとか、ウエスアンダーソンとか」とか、
NYで知り合った高道ハルさんは「クレオのセッションでたまたま来たウイントンと演奏したんですよ」とか、
サックスのサクラちゃんは「クレオのセッションでリーコニッツが来た」とか、
今月頭に共演した鬼塚さんは「Dr.ロニースミスともたまにセッションするんですよ」とか、


僕みたいな小物は、がんがんセッション行って、とにかく経験積め、ってことですな。
安易なギグ<ジャムセッション、(これは余計か)


てなわけで


写真は3サックスでのセッション。
左端の女性は、実は半年前位からの僕の生徒さんです。女性ならではの柔らかいフィール・音色でしたよ。セッション仲間も増え、ジャズセッションの面白さを感じてらっしゃると思います。どんどんスタンダード覚えましょうね!

真ん中の男性は2年程前に某所でのギグでお知り合いになりました。僕と同じくコーンを使用。MPはブリルハートを使い、初めて聞く演奏は、コンパクト且つ芯のあるサウンドでとても好感持てるプレイでした。うーんブリルハート興味あるなぁ。

右端の男性はまだ15歳。Mブレッカーを彷彿させるプレイで場を盛り上げてました。伸びのあるトーン、落ち着いたタイムフィール、本当信じられん。各種スケール・コードへの理解をどんどん深めて行くと、将来きっと大物になるでしょうね 恐い恐い(笑)


とにかく色々刺激になる夜でした。久しぶりに会えた方もいたり、しばらくお会い出来なくなる方もいたりで、多くの人の交わるセッションは本当良いなあと感じました。僕も頑張らないと。

皆様ありがとうございました~また顔出します!

札幌はもう春ですね、路面はすっかりアスファルトが。タイヤ交換しなきゃ、です。


21日は久しぶりに真衣子さんとDUOでした。
もう今年5月で2年になるんですね。初めて一緒したギグは先日と同じくjamusicaさんでカルテット編成だったと思います。あれからお互い成長したな~(?ですが)
僕が上面に走らぬように、というベクトルを持てるのも全部彼女のお陰です。音楽は質感が勝負!だったりしますよね。
DUOサウンドはより深めていきたいと思います。次回は4/5です。是非聞きにいらして下さいませ!!

22日はこれも久しぶり、copabonitos。
12月30日以来なので3ヶ月振りでしょうか。久しぶりに全員揃うとワクワク感もあります。
ですが残念なお知らせが・・
ボーカルの一人アイモノちゃんが諸事情により今回で脱退なのです・・・
copaサウンドを決定付けるのに大きな影響を与えた人物の一人なので、とても残念ですが・・・アイモノレスの今後のcopaも期待して下さいませ。
そしてヨースケ本間は無事卒業&就職でオメデタイ、頑張れ本間息子!
打ち上げも楽しかったです~

さて来週は関口先生とDUOですー

楽器の調子が2

悪いです
いい加減にしろ


まあクラシックカーみたいなもんですな、付き合いにくいけど手放したくない、みたいなもんです。
近日またメンテナンス行きます。

さて日曜はKOKOトリオ@くうにゲスト出演でした。ドイツはベルリンより斉藤易子(vib)さん、ニコ・マインホルド(pf) トビアス・シルマー(cl)が来札。札幌の北垣さん(b)館山さん(ds)が好サポートでした。

ピアノのニコはテクニックも和声も素晴らしく、オーソドックスなジャズで挑んでみたら?なんて思ったり。きっと面白いサウンドを作れるんじゃないかな。いつか胸を借りれたら。
clのトビアスは元々サックス吹きというだけあり、ウォームなサウンド。音色、タイムの話で盛り上がりました。やはりフロント楽器の着眼点は、全世界共通なのですね。ちょっと安心。普段はインプロ中心の活動だけあり、無駄の無い音の出し方が印象でした。
vib斉藤さんはもう何年前になるのか、僕がビッグバンド時代にちょっとだけライブにシットインして頂き、その時打ち上げで色々お話させて頂いてからのご縁。3年前程に僕の参加するギグで再会して、ご存知mixiにて連絡を取り合っていたのですが、今回こういったステージでの共演は初めてで、念願叶いました。数々のコンペで実績上げているだけあり素晴らしいテクニックと集中力、枠に捉われない音楽性の幅広さをもったスタイルで、聴衆を魅了してました。

今回特に印象だったのが、札幌サポートのお二人が見事ベルリントリオに絶妙にフィットしていた点でした。勿論事前のリハーサル・打ち合わせは有ったにせよ、そして北海道公演最終日という「慣れ」が成せるバンドサウンドの一体感は勿論納得出来るのだけど、プレイヤーの間に変な壁が無いことがとても驚きでした。リーダー斉藤さんの細やかな気配りと、初札幌の二人の人間性(とてもフランクな方でした)なのでしょうか。よく○○から来札されるアーティストさんに見られる云々は、見ていても全然感じることは無かったです。そしてそんな三人にごく自然に向き合える札幌のサポートお二方の懐の深さといったら!(勿論演奏も三人を押し上げてました。これはすごいなというのが半分・頼もしいなが半分の感想でした。これは本当に嬉しい。)
ほんの一曲の参加でしたが、リハーサル~本番~打ち上げと、そんなバンドの空気を肌で感じることが出来て、本当に勉強になりました。
やはり音楽は人なんですね~


インフォです。
金曜は久しぶりにjamusicaでマイコDUO、土曜はradio&recordsでcopabonitosです。
どちらも久しぶりのお披露目になるでしょうか。
個々人パワーアップしてる姿をお見せ出来れば、と思っております。
4/7にはAdam Projectでのギグも決まっております。

是非是非お越し下さいませ!

楽器の

調子がとても良いです。
先日の調整で特に中低音~低音の息通りがとてもスムーズになったのですが、下が鳴ると上も鳴る様になるんですね、そしたら今まで抱えていた問題がうそのように解決の方向に向かっております。ありがとうございます、ほくしん産業さん(行きつけのリペア工房です)。

で問題解決の糸口が見つかると、また別の問題を抱えてみたくなったりで、、、
奏法をまた一から改良しようと、ダブルリップを練習に取り入れました。ダブルリップとは下唇を巻き込みアンブシュアを作るシングルリップに、上唇をも巻き込み、マウスピースに対して上下に唇のクッションを作るアンブシュアのことです。


これをやると鼻の下が微妙に伸びて、かっこ悪いのですが・・・
テナーの生徒に「今日からコレを導入しなさい」とダブルリップを勧めました。
そしたらよい感じにコルトレーンもどきのオットーリンクサウンドになりました。
かねてから音色に問題を抱える人にはコレおすすめしたいです。

これからの彼女のプレイに期待です!
鼻の下は気になりますが・・・(本人には内緒です)

ライブ鑑賞とDUO

夕べはslowboatに岡田勉さんの演奏を聴きに聞きました。共演者もまたすごい!

岡田勉(b) 峰厚介(ts) 野力奏一(p) 村上寛(ds)

野力さんはCDでは知ってましたが、実際に聞くのは初めて。曲を広げるアイデアがとても参考になった。

峰さんは昨年夏にお会いして以来、久しぶりに音を聞きましたが、本当に素晴らしいサウンドでした。
間近で聞いて、色々ヒントを得た気がします。

村上さんも実際生で聞くのは初めてでしたが、フィールは勿論素晴らしく、ソリストに対する歌のあるドラミングは、バンドサウンドのピントを上手に合わせる、そんな印象でした。

岡田さんのビートはとにかく深い!極太のサウンドが実に軽やかにスイングしてました。重くべたっとしたものではないんです。ビートは重く、スピード速い感じかな。

口で言うとチープですね~
でも一つ忘れないように書いておくと、音楽に空気を含んでいる気がしました。4つのパートがふわっと重なっており、それがキチンとフィットしている。
口では上手く言えないかな。それでもいいや。
でも確実にこの質感の部分、ちょっと学んだ気がします。役立てなきゃ。

とにかく良いもの聞かせて頂きました。CDも買ったので、ゆっくり楽しみたいと思います。



で、今夜は小樽フリーランスにて奥野義典さんとDUO。

「サックス二本でどこまで出来るのか??」

ということだったんですが、二度目というのもあり、実に落ち着いて音楽作れた気がします。
とても楽しかった!コレは是非是非続けねば。ねえ奥野さん。

楽器のコンディションも先日のリペア以降とても調子が良く、今日はとても気持ち良く吹けた気がします。
いや、楽器の問題だけじゃないか。温かいお客様のご声援のおかげですね。
お越し下さいまして本当にありがとうございました!!

リペア

今日は1月にリペアした、現在使用中のコーンの微調整に行ってきました。
息の入り方がとてもスムーズになって、今までが嘘のようです。
オクターブを使わない低音~中低音の音域の倍音が強くなった気がします。

「音」って音そのものよりも、その「音」の周りにある聞こえそうで聞こえない「音の成分」、っていうのが大事なような気がします。
たまに聞きますが、その人の「オーラ」が見える人、っているじゃないですか。
「あなたのオーラは紫だ」とか。
僕は勿論見えません。でもきっと見える人って見えているんだろうな。

「音」にもそういうオーラじゃないけど、その「音」を包んでいるもう一つ(それ以上かも)の【音】ってあるんだろうな。
オーラは見えなくてもいいから、そういう部分が聞こえる耳・感じる耳は欲しいと思う。

音量は大きくなくても、どんなビッグトーンより、大きな=懐深い「音」を目指そう。

春です

また更新怠ってしまった。イカンです

最近は演奏後の自宅でのトレーニングが効果があるらしく、夜中にカタカタやっております。おかげで毎日寝れません。



3/3・4の二日間、NYに滞在した際にお世話になったギターの鬼塚さんと共演でした。
沈み込んだ渋いサウンドで、緊張感のある音楽でした。
NYの話もいろいろ聞けてとても勉強になりました。隠し録りのお土産CDも感謝です。
またご一緒したいです。ありがとうございました!



夕べは熊谷望・安斎亨DUOにお邪魔しました。
何なんでしょう、リズムの「幅」というのでしょうか、とっても僕の好み(目指すべく)のサウンドでした。
とは言え僕はまだまだ・・・でもでもでもとても刺激になるライブでしたよ。
ドラムレスの編成って遣り甲斐があります。また再演したいです。ありがとうございました!



最近また新しい勉強を始めました。NYに行った時に買った本で「AUGMENTED scale in jazz」というWalt Weiskopfによる解説書です。
これ覚えたら結構使えそうです。
お楽しみに。

頑張って更新しよっと。

 | HOME | 

Calendar

02 « 2008/03 » 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

jaike

Author:jaike

FC2ブログへようこそ!



月別アーカイブ

ADAM PROJECT

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。