sax player 蛇池雅人

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルなし

20080630184039
只今ウトロです。今夜も美味そう~
スポンサーサイト

昨日は予定が二本。

昼間は、サックス科の講師をしております、OZ studioの発表会ライブ。

生徒さんは皆ステップアップしてますね。見ていて本当に楽しいライブでした。

今回は歌での参加の方も多く、伴奏は先生陣で務めたのですが、歌のバックって本当に楽しいですね。
バックバンドとしては、キチンとサポートするのは勿論、如何に歌い手さんにエネルギーを送れるか、いつもそんな風に思います。

日中から入場無料のほのぼのライブ、こういうのは続けて行きたいですね。

参加生徒の皆様、お疲れ様でした!



夜はベース北垣響くんの結婚披露宴パーティーでした。

会場には沢山のミュージシャンが。久しぶりに会えた人もいて、本当に楽しい時間でした。
サプライズでピアノの大口純一郎さんの姿も!これには驚きました~大口さんの演奏も本当素晴らしかった!

二次会はお馴染みジェリコ。お店に入りきれないくらいの人、人、人

ピアノの大口さんとも色々話す時間もあり、、
サックスの奥野さんとも久しぶりに色々お話もでき、、
飲んで後輩にはからみ、、

そんな楽しい時間でした~



僕はお酒が好きで(弱めだけど)一人で飲むのも結構好きなのですが、

こうして大勢で楽しいお酒の飲むのって、良いものですね。


なんか久しぶりだったな~~


それにしても飲んだな~飲みすぎ注意します・・・



さてさて今週末からツアーです!

ツアーはSLOWLIFBANND、そしてSHIFTと立て続けに・・体力大丈夫だべか??

また充実した旅になるでしょう。今から楽しみです!


明日は石狩グルービーです。今回で二度目。ピアノ南山さん、ベース北垣さん、ドラム館山さん、という顔ぶれ。とても楽しみなのだけど、一つ残念なことが。同日に「Sapporo cafe Bossa」というイベントが開催されそこにcopabonitosも出演するのですが、僕は石狩での演奏があるので今回はお休みです。同じ日に重ならないで~!

6月も半ばですが、札幌はなかなか暖かくなりませね・・
風邪ひいてるせいでしょうか。
夏が待ち遠しいですな!


やや更新怠ってましたが、日々楽しいことばかりです~
あー幸せ


何があったかというと

まず、札駅下のプロントというバーでウイスキーALL300円シークレット企画に参戦!
もう響16年とか、ハイボールで一気飲みっすよ。
ラフロイグなんてソーダ割りで一気飲みっすよ。


なんてバチ当たりな・・・でもまずこんな贅沢な飲み方出来ませんぜ、早入りしてた関口センセは
20080616025629
「ちょっと調子乗りすぎたっす、先生!」
この始末ですよ?



「あらもう~ダメっすよ、先生」
20080616030719
なんて連れのMさん。



場所を変えての二次会でもグロッキーな先生



20080616031010
「もうダメっす、先生撮らないで」



20080616030812
「撮っちゃったもーん」
と連れのNさん。



ダメっすよ、先生!ダメっすよ、先生!



と、とても楽しい飲みでしたー


こんな事書いて、何の意味あるのかが良く解かりませんが・・・
つい勢いで
先生ごめん(この場を借りて)




そして続いて
SLOWBOATさんでヤングトリオとご一緒。
ヤングトリオ(福井良さん、粟谷巧さん、竹村一哲さん)は長くコンスタントな活動をしており、そのコンビネーションも素晴らしく、とても気持ちよく演奏出来ました。
息の合ったピアノトリオと共演すること程、難しいものはないですね。
今回も色々勉強になりました。
来月7月16日、ドラム竹村さん不在ですが、またSLOWBOA出演です。きっと今回とは違う面白さ・難しさがあるのでは。楽しみです!



そしてさらに続いて
SMALLHOURSラストセッション参戦!
北海道を代表する先輩サックス佐藤洋佑さんが渡米をきっかけに閉店することとなったSMALLHOURSさんのラストセッション。
思えば洋佑さんとはお互いに会社を辞め、前述のSLOWBOATさんでご一緒して以来のお付き合い。
その後も4サックスでのアンサンブル企画や池田篤さんを迎えてのライブなどでご一緒した他、色々な情報交換をしてもらった先輩です。
今回がラストセッションということで、多くの参加者が来てました。もちろん仕事を終えたプロの方もちらほら。
なかでも東京からツアー中の奥村和彦(p)さん、安東昇(b)さんがご来店され、セッションにも参加。とっても楽しいひと時でした。
札幌のプレイヤーの皆さんもきっと刺激になったでしょうね。
今後も我々達で、こういった活気あるジャムセッションを設けていくべきなんだな~と思いました。



そして
前回の日記に書きました「SLOWLIFE BAND with 小林幸恵」
無事終了しました~
さすが元芸能人、少ない告知にも関わらず多くのファンが駆けつけてましたね。
SLOWLIFEバンドもとても久しぶりでしたが、その変幻自在なサウンドは相変わらずで、僕自身が戸惑いの瞬間も多々ありで・・でも本当スゴイっすこのバンド。
そんなバンドの上でのびのび歌う幸恵さんは本当にカッコ良かったです!
そしてバンドも面白い瞬間が沢山ありました。
今回はベース飯田さんの好アレンジで、SLOWLIFEバンドと幸恵さんがフィットした結果でしたが、
機会があれば対バンドという位置づけのボーカルではなく、歌物クインテットというのかな、より枠に嵌らない自由なスタンスで音の出せるアプローチも良いのでは、と次回に期待が持てたり。
また演りたいセッションでした。とても楽しかったです!



そしてそして
くうさんにて宮崎隆睦(sax)さんのセッション観戦。
サイドメンは折原さん(g)、熊谷さん(b)、新村さん(ds)という札幌最強の顔ぶれ。楽しくないわけがありません。
実際所謂フュージョンのサックスは初めて聞いたのですが、奏法含め色々ヒント頂きました。聞けて本当良かった!ちくしょ~~!!
そして会場には同じタイミングで別の仕事で札幌入りしていた元SQUAREの和泉宏隆さん(p)、松本圭司さん(p)の姿も。
松本圭司さんが飛び入りでプレイされましたが、本当素晴らしかったです!相当イケてますね!!バンドのグルーブを方向付けるその影響力、ソロの構成力、他パートを殺さない提案と判断力、全体を把握した無駄のないアンサンブル力、などなどなどなど、あらゆる点での支配力が本当凄くて、目からウロコものでした。
久しぶりに良いもの聞けました!!!
また来札の折には顔出せたらと思ってます。人柄も本当に素晴らしい方でした。



あぁ、自分も良い音楽提供しなきゃな・・と我にも返りつつ、、などなどの濃い一週間も終わり~~~



来週はSHIFT@くう、蛇池4@石狩GROOVY、生徒さんの発表会ライブ、などなど
再来週はSLOWLIFEバンド道東ツアー
と続きます。


ので、またレポします。

最近、1トピックに付き、得るものが多き過ぎます。
充実してて幸せ過ぎです。平々凡々の中にも、良いことってあるものですね。生きてて良かった。。
神様本当ありがとう。

もろもろひと段落

風邪がなかなか治らないです・・
なんか流行ってるんですね、、
咳って体力消耗しますよね、無駄に疲れます。

札幌もそろそろ暑くなってきましたので、早く全快バキバキに行きたいものです。


さて色々ありました。

まずはパロ。また始まりましたが、会場と一体になる感じ、とても楽しいです。
仮装?も馴染んできましたよ、キノコの精とか誰かに言われました(笑)なんだそりゃ。
パロ公演今月は15日(日)、20日(金)とあります。
是非ご覧を。

そしてボーカルの小林幸恵さんとのライブも終了しました。本当に沢山のお客さんでしたね!
小倉さん、僕、とのトリオ編成では2度目のライブでしたが、サウンドも随分こなれた感じでした。今回は小樽市のレストラン、ラサリータさんでしたが、とてもハコの鳴りが自然でプレイし易かったです。
幸恵さんと、エネルギーをぶつけ合う感じ、とても堪らない!
ラサリータさん、お客様、本当にありがとうございました。
幸恵さんファンの皆様、次回もご期待を!

さて幸恵さんとは今週金曜日にまた共演です。ファンの皆さん、必見ですよ。
実は僕のSLOW LIFE BANDとの共演があります!
ミュージックディレクターの飯田さんアレンジによります、幸恵さんのレパートリー。
小室さんの曲が・ケツメRyojiさんの曲が・SLOWLIFEバンド風になります。
その他ジャズのスタンダードもお送りする予定ですが、幸恵さん、ジャズもハマりますよ~
もちろんSLOWLIFEバンドのインストもおりまぜお送りする予定です。新曲は出るか??
是非お越しを!


そしてそして
今夜は前回インフォの「新井田孝則グルーブワークショップ」でした。
無事終了~参加の皆様ありがとうございました!

今回初の試みでしたが、ワークショップというか、セミナーという感じでしょうか。
「グルーブ」というキーワードからのネタがあまりに豊富なので、約二時間ではちょっと足りない感じもありましたが、なかなか興味深い話が聞けたのではと思います。

今回のポイントは、「タッチ(トーン)」でしょうか。
他にも沢山でしたが、ここでは書ききれない!

今回の来日は主にレッスン、セミナー等がメインでしたが、上手くいけば11月頃にまた来日するかもしれないそうです。

次回はライブを見て、後日ワークショップでその紐を解いて、
というのが聴衆には面白い見所・聞き所になるのではないでしょうか。
いかがでしょう。楽しそう。

司会進行の小野修司さん、サポートメンバーの皆様、スタッフの皆様、お疲れ様でした!



さてさて

風邪がなかなか治りません・・喉が痛くて咳が続いてます。
管楽器奏者にとっては苦しいです・・
練習しててもどうも集中しきれないというか
いかんです

最近発見した新しいアプローチがなかなか使えそうなので、なんとかモノにしたい今日この頃です。
そんななので
ま、風邪なんか気力で押さえ込めですね

です


さてさて

今週末からパロシクスもまた始まり・・
の他にも楽しみなライブがいくつかあります。
詳しくはHPスケジュールページを参照下さい。

明日は関口センセとのドラムレスバンド
センセとの共演は勉強ですな。僕は大人のジャズ研究会だと勝手に思ってます。
明日はどんな難曲が!わくわく
初見での楽曲読解力が問われますなぁ~どきどき

そしてまたあのニッキー・モンローこと小林幸恵さんと共演もあります。
素晴らしいエネルギーを秘めたボーカルです。本当刺激的な声。


そして来週頭にはこんな企画が!


以下コピペで失礼します。

皆さん是非参加してくださいね

----------------
札幌 BESSIE HALL 協賛 &
Shuji Ono Presents、
Groove Workshop by Takanori Niida
from New York!!!

6月9日月曜日、7時から札幌ベッシホールにて開催決定。

札幌でサックス奏者としても活動し、そして新井田孝則氏のベストフレンドとしても知られる小野修司氏が、昔から二人の間で交わされる音楽談義、特に音楽を生み出す上で一番大切な要素の1つ、グルーヴ、フィール、ポケットについての会話を、どうにかしてどの楽器奏者の皆さんにも紹介したい。本場ニューヨークのグルーヴ論を是非とも知って欲しい。ウィル・リー、ジェームス・ジーナス等のニューヨーク一流ミュージシャンからファンキー、そしてスモーキーと大絶賛される新井田孝則氏のグルーヴを間近で体感して欲しい。
そんな小野修司氏の強い思いから、札幌ベッシホール協力のもと、今回のワークショップ開催が急遽決定しました。

司会進行は小野修司氏、そしてもう一人は、数年前にニューヨークで新井田孝則氏と出会い、音楽の捉え方が180度変わった蛇池雅人氏。 この二人の進行で、新井田孝則氏にもマイクを渡し解説してもらい、また、新井田孝則(Drums)、小野修司(Sax)、蛇池雅人(Sax)、西川"bin"泰光(Bass)、沢田肇(Keys.)等とのデモ演もたくさん取り入れながら実演でも実証しながら進行する予定です。

デモ演は、メンバーもいっさいリハーサル無し。
簡単なリフを基に、
・心地良いファンキーなグルーヴとは?
・重い、でもスピード感のある相反する2つの要素が共存するうねりのあるフィールとは?
・タイトなサウンドとは?
・それらはどの様にして創る事、生み出す事が出来るのか?
・タイムだけじゃない、タッチ、トーン、音の質感の重要性。
・ダイナミクス、強弱の重要性。
・インタープレーとは?

この辺の事を実演を交えて解説して進行する予定です。

もちろん参加者からのQ&Aも設ける予定です。
アメリカで、ニューヨークで実際ウィル・リー、ジェームス・ジーナス、アダム・ホルツマン等とレコーディング、ライブ等で活動し、そこから学んだ経験談、ニューヨークで一流と言われるミュージシャンのサウンドとは?違いは何か?
そんな事も聞ける絶好のチャンスです。

詳細は以下になります。

札幌 BESSIE HALL 協賛 & Shuji Ono Presents、
Groove Workshop by Takanori Niida from New York!!!

会場:札幌 BESSIE HALL
日時:2008年6月9日 月曜日
開場:6:30PM ワークショップは7:00PMから開始
住所:〒064-0804 札幌市中央区南4条西6丁目 晴ればれビルB1F
TEL:011-221-6076
URL:http://bessiehall.jp/
料金:2000円 (チケットはありません。入り口でお支払いして
頂く形になります)

※ ステージは使用せず、各席に機材をセットしてデモ演を行います。皆さんからはバンドを囲む様な形になり、間近で観る事が可能なセッティングです。
----------------

どうです?面白そうでしょう。
文章にもあるように、新井田さんとの出会いは、僕の音楽感を180度変えるものでした。
キーワードは「グルーブ」!
僕はジャズ屋なので、「スイング」と言った方がしっくり来ます。
新井田さんが今回のワークショップでお話するであろう内容を、僕なりに解釈して今の自分のプレイがあると言っても過言ではないのです。
本当に良い出会いは、良い意味で人生狂わせますね。こんな文章夜中に書いているのも、全てNYで新井田さんと出会ったからなのかも知れません。

今回は一流ミュージシャンなら誰しも口にしたくない「グルーブ」「ポケット」の話を沢山聞けそうです。
そして世界トップレベルの演奏家の目線の高さや、ノウハウなんかも知ることが出来ると思います。

演奏スキルのあるプロ活動されてる方は勿論、アマチュアの方にも、今の演奏技術で気持ちの良い「フィール」を目指してはいかがでしょうか。

僕もとても楽しみな企画です。
きっと興味深い話が沢山聞けるでしょう。
それが自分のフィーリングにプラスになれば。

興味のある方、是非メールまたはコメントにて。
かなりコアな話になりそうです。録音是非録るべし

 | HOME | 

Calendar

05 « 2008/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

jaike

Author:jaike

FC2ブログへようこそ!



月別アーカイブ

ADAM PROJECT

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。