sax player 蛇池雅人

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/25



二日目は恵庭市民会館での公演。

札幌ジュニアジャズとのジョイントコンサートでしたが、彼らもとても良いサウンドしてましたね。

アンビシャスもノリに乗った演奏でした。

アンコールでは貞夫さんのソロ演奏も有り。
ジーンと来ましたね。


恵庭ジャズクラブの皆さまならびに関係者の皆さまには、本当にお世話になりました。ありがとうございました。


今回で一旦貞夫さんとの企画は終了。
リハーサルから数日、びっちりご一緒させて頂いていたので、終わってみるとちょっと寂しかったですね。
札幌アンビシャス自体は年内に出演予定もあるので、このメンバーでまた集まれそう。

貞夫さんとはよりステップアップしたバンドサウンドで再会する事を約束して、打ち上げの夜も更けていったのでありました。


それにしても、bigbandは良い!

スポンサーサイト

8/24


札幌city jazz GreenStageへ、渡辺貞夫&札幌ジャズアンビシャスにて出演させて頂きました。


心配していた雨にも見舞われる事なく、気持ち良く演奏させて頂きました。


その後のマリーンさん、稲垣潤一さん、熱帯ジャズ楽団も良いステージでした!

野外最高!

2days初日は夏フェスらしい一日となりました。


関係者さま、本当にありがとうございました!

8/21


先日出演させて頂いた「KOTONI JAZZ」の一コマ。
地下鉄琴似駅内での、言ってみれば路上ライブ。


地下鉄降りたら、何処からともなく生音が聞こえてくるなんて、とても素敵ですよね。

NY行ってた頃、よく地下鉄構内の連絡通路などで演奏してましたが、その頃の事を思い出します。

今回で出演させて頂きもう3年になりますが、本当に素晴らしいイベントです。
ファンの方も増えてきてる様ですし、多くの方に生音を届ける素晴らしい企画として、長く続いていけば良いですね。各区にも飛び火するなら、なお◎そうなると良いなあ。

西区役所さま、今回もお世話になりました。
「JAZZ」ロゴのスタッフT-shirtsは、このイベントへの意気込みが感じられます。
思わず嬉しくなってしまいました。


地域振興課の小倉さま、今回も素敵な企画をありがとうございます。
こんな事を続けてるのは、全国探しても小倉さんだけではないでしょうか?最高です。


そしてそして、今回も沢山のご来場の皆さま、お立ち寄り誠にありがとうございました。

これからもジャズはもとより、広く音楽を楽しんで頂ける様な活動をしていきたいと思ってます。


これからも応援よろしくお願いします。

地元苫小牧で


地元の苫小牧市のアートギャラリー「LEO」さんにて。


樽前arty+という地元アートシーンに熱意を注いでおられる団体のご協力の下、実現したライブ。


アーティストでもある代表のレオさんは高校の同級生。
思わぬ形で再会し、ここ樽前から文化発信をしようという思いに強く共感。


普段は様々な個展なども開き、札幌や市外からも多数ご来場があるそう。


この日の苫小牧、らしくない程蒸し暑い一日でしたので、次はちょっと涼しい時期にお伺いしたいと思いました。

The Summer Knows


先日出演させて頂いた素敵なイベント。
The Summer Knows真夏のジャズとワインの夕べ。

贅沢なフルコースのお料理に合わせたワイン、そしてそのお料理一品一品に合わせたジャズの生演奏、という3種のコラボ。
打ち合わせでは実際にコースを頂いてどのワインを合わせるのか、またそのワインについてもお話を都度伺いながら、イメージと構想を立てる事が出来ました。

演奏がただのBGMとしてではなく、お料理にもそして召し上がってるお客様にも寄り添っていたのが、とても良かったです。

初めての経験でしたが、最高の空間でした!
今度は既存曲を選ぶ、のではなく、それぞれに合わせ実際に曲を作って、作品という形で発表してみたいと思いました。

8/6-8



演奏活動が詰まってる8月ですが、先日は自分の生徒4名を連れて、新冠町レコード館に発足する小中学生ビッグバンド「RJB(レコード館ジュニアジャズバンド)」主催の夏合宿へ参加して来ました。

このRJBは、僕の高校時代の恩師がもう10年指導し続けているジュニアビッグバンド。
僕は昨年からサックス隊の講師として関わらせて頂いてます。

高校時代からジャズに触れた僕ですが、その当時に演奏していたナンバーなども取り上げたりしていて、
色々な思いが込み上げて来ます。

指導者のマジックとも言える、見事なアンサンブルで、我々も耳を疑う程のサウンドがします。

今回は自分の生徒4名のサックスセクションを、僕の恩師にどうしても指導してもらいたいという思いで、お互いの無理を承知で合同合宿という形になりました。

普段個人レッスンがメインですので、こういったセクション指導は、生徒さんにとってとても刺激的だったのではないでしょうか。

それにしても、僕が無理行って連れて来た4名の生徒、慣れない環境と初対面の人間が大勢いる中で、しかも夜中にまで差し掛かる超ハードスケジュール関わらず、大変良く頑張ってました。全員褒めてあげたいです。

RJBのメンバーにも、札幌からの4名にも、勿論僕にとっても刺激になった時間だったと思います。

演奏する事自体も、こういう教育活動も、自分にとってとても大切な物であるという事を再確認出来た数日でした。感謝です。

 | HOME | 

Calendar

07 « 2013/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

jaike

Author:jaike

FC2ブログへようこそ!



月別アーカイブ

ADAM PROJECT

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。